病棟看護師としてcovid-19の影響は?

こんにちは。お久しぶりです、Nozomiです。

普段の私のオーストラリアで看護師をしている様子もブログに書いていこうと思います。


日本でもオーストラリアでも世界中で今深刻な問題になっている新型コロナウイルス(covid-19)のパンデミックですが、皆さんはどんな状況ですか?

病棟看護師として

私はシドニー市内の公立病院の血液内科病棟で看護師をしています。

私自身の仕事の変化はというと、

3月〜4月初旬:患者の数がだんだん減ってきて仕事がいつもよりも少なくなりました

4月中旬:血液内科病棟が閉鎖。。。数名いた患者さんは腫瘍内科の病棟へ。私は外来でのシフトがあったので主に外来で働いていました。

4月末(現在):数日前から病棟が再可動したが患者はいつもの半分の数。私のシフトは外来または他の病棟へ回されることに。

私はPermanent full time (正規フルタイム)なので仕事がなくなることはありませんが、病棟が閉鎖している間は他の空いている病棟へ回されれます。私はカジュアルとして働いていたことが半年くらいあるので他の病棟へ行ってもある程度は役に立つと思うのですが、実際はどうでしょう笑。

 

専門によって仕事の状況が異なる

カジュアルナースはほとんど仕事がないようです。先週一緒に働いたカジュアルナースはほとんどのシフトがキャンセルされたと言っていました。

NSW州の労働組合はカジュアルナースに対しての保障を保健省へ交渉中とのことです。

フロントラインでcovid-19で戦っている救急やICUナースもいる中、仕事が減った、なくなっているオペ室や外来ナースもいますね。私は血液内科なのでがん患者が対象です。免疫機能が下がっている患者さんなので病院に来ること自体がリスクですよね。。なので必要最低限以外は自宅で療養してもらっています。血液内かと腫瘍内科の外来は主に化学療法、輸血、PICCラインなの中心静脈ラインの管理です。

また、パプリック(公立病院)とプライベート(市立病院)で働いているかでも状況が変わってくると思います。

 

この状況はいつまで続くのか

オーストラリア政府は都市のロックダウンはあと数ヶ月は続くだろうと予測しています。シドニーの感染者数は現在減少しているのでこのまま続いていってほしいですね。

ボンダイビーチも来週にはオープンする予定ですが、いきなりまた感染者が増えないといいのですが。。。

 

相談受付中

留学相談・オーストラリア看護師登録についての相談はいつでも受け付けています。今すぐにオーストラリアへの留学は難しいですが、年末〜来年初めにかけての留学開始からプランニングの提供をしています。

contact me から気軽にお問い合わせくださいね。48時間以内にお返事いたします。

毎月第2水曜日はオンラインセミナーを開催中です。無料申し込みはこちらから。

ではでは〜

 

Nozomi